中央発明研究所

含浸をトータルサポートする中発は、含浸装置、含浸剤、真空装置などを開発し、受託含浸加工(処理)も行っています。

中発

サイトマップ ヘルプ 個人情報の保護について セキュリティ情報 English

製品情報会社情報採用情報アクセスマップお問い合わせ



製品情報






含浸とは?

含浸とそのシステムについてご紹介するビデオです。



含浸Q&A

含浸に関するトラブル・シューティングをまとめたビデオです。



会社案内

中央発明研究所の歴史と含浸への取り組みをまとめたビデオです。



含浸剤のご紹介

中央発明研究所の製品とその特徴をまとめたビデオです。



カタログデータダウンロード

中央発明研究所の含浸製品のカタログをダウンロードできます。



環境への取り組み

中央発明研究所の環境への取り組みです。


3Dプリンター造形品用補助剤

3Dプリンタは成長分野と位置づけられ、多種多様な業界での活用を期待されています。しかし3D造形品の欠陥とする部分も多く見られ、期待ほど市場が広がっていない現状にあります。中央発明研究所では含浸で培った真空・浸透・充填技術を3Dプリンター発展の為に付与したいと考え、3Dプリンタ造形品の補助剤をライナップしていくことにしました。


3Dプリンター造形品用コーティング剤

中央発明研究所の3Dシールは、ナイロンや金属の粉末焼結方式や、石膏用などのインジェット粉末積層方式で作製された造形品に特に有効な製品です。
粉末を使用している為に生じる孔や隙間を100%封孔し、さらに3Dプリンター造形品ならではの複雑な形状のものにも対応が可能な製品です。

製品名

適正造形品

防湿

強度

光沢

作業性

3Dコート 5920

粉末焼結積層方式、
インクジェット粉末積層方式

3Dコート 5920S

粉末焼結積層方式、
インクジェット粉末積層方式


3Dプリンター造形品用充填強化剤

真空・加圧操作より積層部の隙間へ進入し強化補強が図れる処理剤です。含浸後は封孔性・耐久性能に優れ、要求される3D製品の機能を保ちます。

製品名

適正造形品

防湿

強度

光沢

作業性

3Dコート 4410

粉末焼結積層方式、
インクジェット粉末積層方式

×

設備要



ホーム | 製品情報 | 会社情報 | 採用情報 | アクセスマップ | お問い合わせ

ログイン このページの先頭へ


株式会社中央発明研究所

本社・研究所

〒190-1201 東京都西多摩郡瑞穂町二本木539番地

含浸加工工場

〒190-1201 東京都西多摩郡瑞穂町二本木500番地

浜松TSC

〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町322番地

三河TSC

〒444-3523 愛知県岡崎市藤川町西川向67番地

四国TSC

〒799-1342 愛媛県西条市大新田94番地

広島TSC

〒736-0002 広島県安芸郡海田町国信2丁目3番24号

韓国中央発明研究所

Daejong BLD 1507, 509 Baekjegobun-ro, Songpa-gu, Seoul, 05545 KOREA

shizuku(USA)Inc

304 Bethany Lane Shelbyville, TN 37160, U.S.A.

上海TSC

Rm.228 Wanchuang fang building, No.155 Anzhi Road, Jiading District, Shanghai, 201805, CHINA

Copyright 2001-2010 chuhatsu.
All rights reserved.