中央発明研究所

含浸をトータルサポートする中発は、含浸装置、含浸剤、真空装置などを開発し、受託含浸加工(処理)も行っています。

中発

サイトマップ ヘルプ 個人情報の保護について セキュリティ情報 English

製品情報会社情報採用情報アクセスマップお問い合わせ



製品情報






含浸とは?

含浸とそのシステムについてご紹介するビデオです。



含浸Q&A

含浸に関するトラブル・シューティングをまとめたビデオです。



会社案内

中央発明研究所の歴史と含浸への取り組みをまとめたビデオです。



含浸剤のご紹介

中央発明研究所の製品とその特徴をまとめたビデオです。



カタログデータダウンロード

中央発明研究所の含浸製品のカタログをダウンロードできます。



環境への取り組み

中央発明研究所の環境への取り組みです。


含浸加工工場

中央発明研究所の含浸加工工場は、3本の有機含浸ラインにより、含浸加工処理の受け入れ業務を行っています。4連乾燥炉や送風乾燥炉など、最新鋭の設備と徹底したクオリティ管理により、最高の品質をご提供しています。


含浸加工工場の含浸加工ライン

3本の有機含浸加工ラインにより、含浸加工処理の受け入れ業務を行っています。


有機含浸加工ライン(1)と(2)の構成

2本の有機含浸加工ラインは、BS-900Aを設置。含浸、液切、水洗1、水洗2、(場合によっては回転洗浄も実施)、湯浸硬化、乾燥の順に工程が進みます。含浸剤は、スーパーシールP-401を使用。


有機含浸加工ライン(3)の構成

1本の有機含浸加工ラインは、BS-1000A を設置。含浸、液切、水洗1、水洗2、(場合によっては回転洗浄も実施)、湯浸硬化、乾燥の順に工程が進みます。含浸剤は、スーパーシールP-601を使用。


4連乾燥炉

最新鋭の設備、4連乾燥炉を設置。含浸の加工効率を高めます。


送風冷却炉

最新鋭の設備、送風冷却炉を設置。含浸の加工効率を高めます。



ホーム | 製品情報 | 会社情報 | 採用情報 | アクセスマップ | お問い合わせ

ログイン このページの先頭へ


株式会社中央発明研究所

本社・研究所

〒190-1201 東京都西多摩郡瑞穂町二本木539番地

含浸加工工場

〒190-1201 東京都西多摩郡瑞穂町二本木500番地

浜松TSC

〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町322番地

三河TSC

〒444-3523 愛知県岡崎市藤川町西川向67番地

四国TSC

〒799-1342 愛媛県西条市大新田94番地

広島TSC

〒736-0002 広島県安芸郡海田町国信2丁目3番24号

韓国中央発明研究所

Daejong BLD 1507, 509 Baekjegobun-ro, Songpa-gu, Seoul, 05545 KOREA

shizuku(USA)Inc

304 Bethany Lane Shelbyville, TN 37160, U.S.A.

上海TSC

Rm.228 Wanchuang fang building, No.155 Anzhi Road, Jiading District, Shanghai, 201805, CHINA

Copyright 2001-2010 chuhatsu.
All rights reserved.