中央発明研究所

含浸をトータルサポートする中発は、含浸装置、含浸剤、真空装置などを開発し、受託含浸加工(処理)も行っています。

中発

サイトマップ ヘルプ 個人情報の保護について セキュリティ情報 English

製品情報会社情報採用情報アクセスマップお問い合わせ



製品情報






含浸とは?

含浸とそのシステムについてご紹介するビデオです。



含浸Q&A

含浸に関するトラブル・シューティングをまとめたビデオです。



会社案内

中央発明研究所の歴史と含浸への取り組みをまとめたビデオです。



含浸剤のご紹介

中央発明研究所の製品とその特徴をまとめたビデオです。



カタログデータダウンロード

中央発明研究所の含浸製品のカタログをダウンロードできます。



環境への取り組み

中央発明研究所の環境への取り組みです。


塗型剤

中央発明研究所の塗型剤は、鋳物の成型に用いられる金型の寿命を長くしたり、砂型の型離れを良くしたり、良い鋳物ができるように温度のコントロールをしたりする目的で使用されています。鋳物を造る場合になくてはならないもので、金型や砂型の表面にスプレーや浸潰、刷毛塗りなどの方法で塗型剤を塗布します。
モルコートKWシリーズは、密着性、離型性、生産性にとても優れたグラビティ金型用の塗型剤で、従来の枠にとらわれない斬新な発想と、それをカタチにする技術力により開発された中央発明研究所のファインケミカル製品です。


グラビティ金型用塗型剤

グラビティ金型用の塗型剤モルコートKWシリーズは、1回の塗布で、従来の2倍〜4倍の連続鋳造が可能になるため、生産性にとても優れた金型用塗型剤です。また、金型と強く結合するため密着性が高く、塗膜は硬く堅牢で、表面潤滑性を有しているため離型性も非常に高い塗型剤です。

製品名

用途・特長

モルコート KW-3086

 耐久性が高い塗型剤
 冷却傾向の性質を有する
 面粗度がやや細かい

モルコート KW-3130

 鋳物の表面を平滑にしたい場合に最適
 耐久性が高い塗型剤
 冷却傾向の性質を有する
 面粗度が細かい


金型用塗型剤とは?

鋳物を造る方法は様々ですが、主なものを挙げると、
 (1)重力を利用した範力鋳造法(傾斜鋳造法、グラビティ鋳造法ともいう。)
 (2)少し圧力を加えて成形性を向上させた低圧鋳造法(LPDCともいう。)
 (3)高圧で短時間に鋳物を成形する高圧鋳造法(HPDC、ダイカスト鋳造法)
があり、金型用塗型剤は(1)と(2)の鋳造時に使用されます。



ホーム | 製品情報 | 会社情報 | 採用情報 | アクセスマップ | お問い合わせ

ログイン このページの先頭へ


株式会社中央発明研究所

本社・研究所

〒190-1201 東京都西多摩郡瑞穂町二本木539番地

含浸加工工場

〒190-1201 東京都西多摩郡瑞穂町二本木500番地

浜松TSC

〒435-0028 静岡県浜松市南区飯田町322番地

三河TSC

〒444-3523 愛知県岡崎市藤川町西川向67番地

四国TSC

〒799-1342 愛媛県西条市大新田94番地

広島TSC

〒736-0002 広島県安芸郡海田町国信2丁目3番24号

韓国中央発明研究所

Daejong BLD 1507, 509 Baekjegobun-ro, Songpa-gu, Seoul, 05545 KOREA

shizuku(USA)Inc

304 Bethany Lane Shelbyville, TN 37160, U.S.A.

上海TSC

Rm.228 Wanchuang fang building, No.155 Anzhi Road, Jiading District, Shanghai, 201805, CHINA

Copyright 2001-2010 chuhatsu.
All rights reserved.